2017年4月オープン!

24時間卓球がしたい、上達したい
を叶えます!

24時間営業の卓球場てるくらぶが2017年4月にオープンしました!

どうも!

はじめまして!

”てるくらぶ”斉藤です!


いきなり「なんやねん?」となっても嫌なので、

簡単に自己紹介させてください。

現在、

大阪府堺市北区北花田町で”てるくらぶ”という名前で


・月曜日、水曜日、木曜日のみ営業

・24時間営業


の卓球場を運営しています。


場所は「北花田卓球さん」からお借りしています。



おかげさまで2017年5月に正式に”てるくらぶ”として、

卓球場をOPENすることができました。



24時間営業と謳っていることもあってか、

最近ではありがたいことに朝から夜遅い時間まで

お客さんが来てくださる日も少しずつ増えてきました。



しかしながらまだまだ世間には知られていない存在だな。

まだまだだな。ということを常に思っています。



ではどうすればもっと知ってもらえるかな、少しでも興味を

もってもらえるかなって考えたときに、



どんなやつが運営しているのか?ということも含めて知ってもらった方が

より来ていただきやすいかなって思いました。



そこで、

これまでの活動等含めたお話と共に”てるくらぶ”のご案内を

させていただきます。

普通の卓球場ではダメだ!

そもそも、まず”てるくらぶ”をオープンすることになった経緯からお話させてください。


僕は中学、高校と6年間本気で卓球をしてきました。(一応全国大会の経験はあります。)

ただ実は大学の時はほとんど卓球をせず、卓球から離れていたんです。



そんなやつがなぜ今になって卓球場を持とうと思ったのか?

応えはほんと単純なんですけど、



「ただただ好き」だったっていう。



でも

ごくごく普通にある卓球場ではうまくいかないな~と思っていました。



普通にやってもダメだけど何かいいアイデアがあるわけでもないですしね。

そこで頭で考えているだけではいいアイデアも生まれないし、自信が持てないので

まずは日本の最南端と最北端である沖縄と北海道に行って、



・どんな卓球場、クラブチームがあるのか、

・卓球で仕事をしている人はどんな人なのか

・どんな人が卓球をしているのか、

・卓球のレベルはどうなのか



を実際に見て体験してきました!



なぜ沖縄、北海道なのかですが、何か物事を判断するときって端と端、最小と最大を選ぶことで見えてくるものが多いんです。



例えば、飲食店でメニューを見て何を食べるか迷ったら一番高いやつか、一番安いやつを頼めばそのお店の味が分かるっていうそんな原理です。



その原理を応用して最南端と最北端を選び行きました。




ちょっと無理やりな感じますけど、当時の僕はほんと何もなかったので

とにかく動くしかなかったんですね。

沖縄、北海道に行って気づいたこと

沖縄、北海道に行ってみて感じたことを率直に言うと、

2つあります。



1つ目は

「みんな卓球が大好き」

だとうことです。



めっちゃ好きですよほんと。ずっとやってます。

特に試合が大好きで「大阪から来た男」ということで、もの珍しかったのもあったのでしょうか、



ずーーーっと試合を挑まれました笑

めっちゃ疲れたとしてもお構いなしです。



僕も負けじと戦っていましたけどね笑



2つ目が

いくら強いクラブチームといえど、

指導方法や教える内容に答えというものはなく、常に試行錯誤しているということでした。



日々進化していく卓球ですから「これ!」という答えはないのでしょうね。

昔と今とでも全然卓球が違いますもんね。



一昔前は右利きの選手であれば右足後ろ、左足前の斜めに構えるような形が

主流だったのに対して、



今は、平行足が主流ですしね。

また、

打ち方でもオールフォアが全盛の時代もあったのですが、

今ではオールフォアではボールのスピードに追いつけないからバックも使えた方がいい。




など色々なことが進化してきましたよね。



自分が今までやってきたことは間違えてないとは思っているけど、

それだけではダメですよね。今の卓球に合わせた形で




プレーを変えていかないと上達はしないのかなと思いました。

自分自身も日々勉強して伝えていける努力をしないといけないと

思いました。



そしてこういう活動を通して自分のチーム、自分の卓球場を

持ちたいと強く思うようになりました。

24時間営業の卓球場が欲しい!

また、これは


普段よく僕を練習に誘ってくれる後輩のT口君を見ていて

思ったことでもあるのですが、


沖縄、北海道に行ったことで確信に変わったことがあります。



それは

「24時間卓球ができる場所が欲しい」です。



社会人になると、仕事の終わる時間が遅くなったりして

なかなか思ったように練習時間を確保できなかったりするじゃないですか?



T口君は土日が休みで卓球の試合にも出やすいし、

卓球ができるから、という理由で仕事を選んだはずなのに、
実際のところあんまり卓球ができていないんですよね。



本人はもっと練習したいと思っているのですが

世の中の卓球場のほとんどが21時で閉まるため



仕事の終わり時間との兼ね合いにより、

時間の確保が難しく、思ったように練習ができていないんですよ。




ちなみにT口君は試合前とかだと

仕事が終わって、22時まで練習できるところがあるから


そこに40分だけ練習しに行くみたいな。
そんなこともしています。




でもこれってかなりの人にとって”あるある”なんじゃないかな~って思ったんですよ。

だって今ってサラリーマンの方だと




残業とか多かったりでなかなか定時で帰れることってなかったり

するじゃないですか。




僕も社会人になってからよく思うんですよ。




そこで「24時間練習できる卓球場」があればみんなハッピーになるんじゃないかって考えたんですよね。



そこで誕生したのが「てるくらぶ」です!

名前の由来は、僕の名前からきています。




本名が斉藤 輝(さいとう あきら)と言います。

この”輝”という字は”てる”とも読めるんですよね。




なので、「あきらくらぶ」よりも、「てるくらぶ」の方がしっくりきたんで「てるくらぶ」に決めました。

卓球場にひたすら電話

「24時間の卓球場」が欲しいということだったのですが、

費用面の問題で、土地から何から自分の場所というのは無理がありました。




なので、

今現在卓球場運営をされているところに交渉をしてその卓球場の営業時間外を

貸してもらえたらいいなと思ったんです。




それがもしできれば、

その卓球場が21時に閉店したとしても、21時以降はてるくらぶがやるので、



お客さん的には結果的に24時間使える状態になり、

24時間営業の卓球場ができるという感じになります。



早速堺市の卓球場をリストアップして電話をかけていきました。




その中で北花田卓球さんが、

快く僕の想いを汲み取ってくれて、協力してくれることになりました!




「北花田卓球さんのコーチレッスンが入っていない日、営業時間外だったらいつでも貸してあげる」


と神がかり的なことを言ってくださり、



その条件に当てはまる日が



月曜日、水曜日、木曜日だったのです。




その3日間については、自由に使わせてもらえるので、事実上、僕の卓球場となりました笑


だから、月曜日、水曜日、木曜日は24時間卓球ができるんです!


しかもこ~んなに綺麗で、設備も整っている卓球場です。

卓球台とマットは世界卓球仕様のもので、打ちやすいです。

冷暖房も完備しているし、更衣室もあるし、卓球に必要なものは全部揃ってるって感じです。



駐車場も2台までなら止めれるし、

地下鉄御堂筋線「北花田」駅1番出口出て北東に徒歩5分ですしね。



イオンモールもめちゃ近いです。

一つ惜しいのが、”シャワーがない”とうことぐらいですかね。



ただそれ以外は本当に充実しているので、僕としては大変満足しています。

きっと一度来ていただければ満足いただけると思います。

てるくらぶのこれまでの活動

そして活動を続けていると少しずつですが、

個人レッスンの予約をいただけるようになり、

リピートしてくれる方も増えてきました。



「分かりやすい」

「目から鱗」

「初めてそんなの知った」

「時間が長いところがいい」

「動画が分かりやすい」



など嬉しいお言葉もいただけるようになり、

ほんとありがたいなと思っています。




夜の台利用の方もいらっしゃって、

「仕事終わりに遅くまでできるとこがあるのはありがたい」

など言っていただけるのもほんと嬉しいです。




また、

”てるくらぶ”をはじめてからYouTubeでの動画投稿も始めました。



まだまだ再生回数も多くはないので、知らない方がほとんどかと思うのですが、

「卓球初心者が90日練習して中国人に勝つ!?」

というタイトルで動画を投稿しています。

内容としては

ラケットも握ったこともない全くの卓球初心者が90日(90回)練習して、

中国人に勝てるのか?




というのを検証している動画です。

奮闘している主人公のじやんの姿が印象的です。

中国人選手と戦ってみて

また、

2018年の1月に中国上海に行き中国人と試合をしてきました。



強いと言われている中国人選手ですが、日本人と何が違うのか?



中国人選手の強さで感じたのは



・打点

・パワー

・スピード

・回転

・丁寧なツッツキ



この5つです。


多いなって自分でも思ったのですが、

けっこう気づいたことが盛りだくさんだったんですね。




一つ一つ説明していきます。

打点

まず「打点」ですが、

これは圧倒的に前でプレーしているからこそ打てるタイミングでした。



下がって中陣でプレーしていては絶対に早いタイミングで打つことはできません。

中国人はほんと下がりません。




僕の試合の対戦相手ももちろんそうですが、

勝ち上がっている他の中国人選手みんなに共通していることでした。




相当、前陣でプレーする練習を日ごろから積んでいるんだと思います。

今年の全日本選手権を優勝した張本選手なんかもほとんど下がらず前陣でプレーしますもんね。




やはり今の時代は下がらず前でプレーして打点の早い卓球をしないと

勝っていけない時代なんですね。

パワー

パワーに関して言うと、僕なんかとは比べ物になりませんでした。

何が違うのか?と言うと、スイングの振り抜きです。




フォアハンドを振るときに、最後に肩をグッと前に持っていくような打ち方になっているため、パワーがでるんですね。

これはこのとき気づかなかったのですが、




僕の先輩であり、現全国ラージチャンピオンの相澤さんとお話をさせていただいた時にお話してくれた打ち方がまさにそんな打ち方だったからです。




ラケットを顔の前で止めずもう少し振り抜く



右利きであればラケットが左耳

左利きであればラケットが右耳



ぐらいにくるようなイメージです。




ここまで振り抜くからボールにパワーが伝わるみたいです。



ただ、やはり振り抜きが大きいとその分戻るのもしんどくなります。

しっかりと早く戻るための訓練もしっかり積まないと連続攻撃することとができないです。

スピード

スピードというのはボールのスピードももちろんそうなのですが、

動きのスピードもですね。



強い選手はほんと軸がブレません。



体幹がしっかりしているので非常に無駄な動きが少なく最小限の動きで

ボールのところまで行くことができるから早いんですね。




バタバタっとしてしまったり、頭や肩が縦や横に揺れてしまっては

それを一度まっすぐ戻すという余計な作業が入ってしまうから遅れてきてしまいますよね。

回転

・ラバー表面でボールをこすって回転をかける打ち方

・ラバーにボールを食い込ませて回転をかける打ち方

どちらも使えないといけないと思うのですが、




特に中国選手は

「ラバーにボールを食い込ませて回転をかける打ち方」

ができているのでしっかりと回転もかかるし、インパクトが強い分

威力のあるボールを出せます。



ボールの捉える位置というのを使い分けできないといけません。

こする打ち方しかできない人というのはどうしても、

ボールの外側にラケットが当たっている状態になってしまいます。




そうなるとボールに回転はかかるのですが、

威力はあまり出ず、スピードも出ません。




そのため、相手に上から打ち込まれてしまいます。

インパクトを強くするためにも



ボールの真後ろを捉えるイメージで打つようにして

ボールをラバーに食い込ませないといけません。




中国選手はフォア面がみんな粘着の中国ラバーだったのですが、

みんなフォアハンドを強打したときの音がめちゃくちゃいいです。

「バチン!」っと強く当たっています。



こういう打ち方ができないとドライブで抜くことは難しいですよね。

丁寧なツッツキ

台上の技術が非常に高いと思いました。

体幹がブレないからというのは先ほどもお話したのですが、




ボールのところに到達するまでの時間が早いので、

ツッツキも非常に丁寧だしミスしないんですね。



しかも低く切れたツッツキをするので、

持ち上げさせてからのカウンターまでのパターンが出来上がっています。




ツッツキも協力な武器として使っているので

非常に脅威でした。




とザッと僕が中国人選手と戦って感じたことを書いてきたのですが、



あと一つ最後に大事なことを言い忘れていました。




それは、

「中国人選手はとにかく振る」

ということです。





どいうことかというと、



通常日本人選手だと、難しいボールがきた場合に、つなぐという意味でもラケットに当てるだけになってしまう場面というのがあると思います。




しかし、試合を見ていると中国人選手は

みんな何かしらラケットを振って自分の回転、自分のボールにしてから

相手コートに返しているのです。




きちんと振れているときばかりではないですが、必ず振っています。

だから相手コートに入ったときに多少なりと変化するんですね。





ただ単に入れたボールではないから、相手としても打ちにくいです。



常に「振る」という意識で練習に取り組んでいるんだということが

よく分かりました。




こちら今後の何か卓球の参考にしていただけると嬉しいです。

てるくらぶからの提案

最後になりましたが

こういう取り組みをしながら”てるくらぶ”は活動しています。



そんな”てるくらぶ”を

もっと知っていただくにはどうすればいいかな?

って考えました。




一番分かりやすいのが実際にお会いすることだと思いました。



お会いするキッカケとして


現在「90分無料体験レッスン」を実施しています!





内容としては、

90分の個人レッスンとなります。


対象者は初級~中級者です。


価格は通常3500円(別途台利用料として500円)



どんな形で進めていくのかというと、

最初に「これだけは絶対やりたいこと」を伝えていただき、

その課題の練習に取り組みます。




また、他に課題が出てくれば都度練習します。

レッスン中は動画を撮影していますので、後日その動画を

お渡しします。




動画だと第3者目線で自分を見ることができるので、フォームの改善などにも

役立ちますので、ぜひご活用ください。

個人レッスンを受けていただく生徒さんからはよく



「体験レッスンでもお金とりや!」

「体験レッスン60分にしたら?」



と言われること多いです。


僕の体のことやお金面のことを心配してくださっているのがすごく伝わります。


ほんと気を遣っていただいて嬉しいです。ありがとうございます。



ただ、やっぱり90分の体験レッスンを一度受けていただくことに意味があると思っています。

しんどくなれば休み休みでも大丈夫です。



体験だから30分、60分になってしまうと、打ち方の説明やこうやるっていう

説明に時間がかかった場合に、実際に打つ時間が短くなってしまう恐れがあります。



もちろん今後体験レッスンの時間を短くしないといけなくなることも

あるかもしれませんが、




今はまだ90分でやらせていただきたいです。

伝えれることを全力で伝えますのでぜひこの機会にご予約よろしくお願いします。




最後までお読みいただきましてありがとうございました!

次はてるくらぶでお会いできることを楽しみにしています。

それでは!

てるくらぶ 斉藤
電話番号:090-8758-2370
メール:teruclub0413@gmail.com

住所:大阪府堺市北区北花田町3丁26-12(北花田卓球さんからお借りしています)

営業日:月曜日、水曜日、木曜日、24時間営業
※火曜日、金曜日、土曜日、日曜日は出張レッスンを受付しています。
ブログの更新情報や、お得な情報を先取りできますので
ご登録だけでもしておいてください。