執筆のヒント

論文テーマ
「生命保険に関する内容」

FALIAは生命保険の発展途上にある海外の地域を中心に、生命保険思想の一層の普及と経済発展や社会保障の充実に広く貢献することを目指す公益財団法人です。

日本に留学している学生の方々に生命保険についてより広く考えていただくよう、FALIA懸賞論文では論文テーマを「生命保険に関する内容」としています。

生命保険に関する分野を勉強されている方もそうでない方も、積極的に応募して頂きたいと考えています。
論文執筆のヒントを提供しますので、参考にしてください。

文化人類学

その国での生命保険の果たす役割は、その国の文化、宗教、歴史や慣習とも切り離すことは出来ないと考えます。生命保険事業がグローバル化する中では、このような視点も欠かすことは出来ません。

テーマ例

  • 女性の職場進出に伴う問題と生命保険会社の担う役割
  • 生命保険会社とワークライフバランス―女性活躍推進―
  • タカフルの販売の現状と将来性について
  • 宗教と生命保険に関する考察
  • 現代の若者と生命保険

統計学や数学等理科系の方

生命保険の分野は、ご承知の通り金融の一分野です。よって、数学的なアプローチは、経営の根幹をなすものとも言えます。商品の設計には、数学的アプローチ、統計手法は不可欠です。また、リスク管理、資産運用等の分野でも、多くの理科系の方が活躍されています。特に、アジア地域では、いわゆるアクチュアリーと呼ばれる保険数理の専門家が大幅に不足しています。また、商品の設計や保険金の支払い決定などにおいては、医療や看護に関する知識も必要です。

テーマ例

  • 保険商品の設計等に関する研究
  • 買収時における生命保険会社の価格判断について
  • 生命保険商品の現在価値について

社会保障、税制、財政学の分野

生命保険は、その国の社会保障政策、税制等とも密接にかかわります。その国が、どのような社会保障政策を志向するのかによって、民間生命保険の果たす役割は大きく異なります。また、生命保険を普及させていく上では、生命保険に関する税制をどのように考えるかということも重要な要素となります。
また、公的な年金制度、あるいはそれを補完するものとしての私的年金保険をどのように考えるか。生命保険会社が、生命保険ばかりでなく、年金保険を提供することの意味などもテーマになります。

テーマ例

  • 生命保険と税制の関係
  • 介護産業の経済的効果分析と生命保険産業について
  • 社会保障制度と生命保険の役割

法律

保険制度、保険商品、販売等は、まさにルールの塊です。ひとつひとつの制度、商品、販売等は、法律の根拠の上に存在します。そのために、様々な局面での法的なチェックや理論構成は不可欠です。

テーマ例

  • 自国における保険法の課題
  • 民法改正と生命保険市場への影響について
  • 生命保険における消費者保護の在り方

マーケティング等

保険の普及において販売戦略は重要なポイントです。最近では、保険商品はネットを含めて様々なチャネルで販売されています。マーケティングは、とても大切な分野です。
また、人口減少による地方都市繁華街の衰退とモールやコンビニの隆盛にみられる消費者の行動変化とそれに伴う販売拠点の在り方等も一つの視点だと思います。

テーマ例

  • 自国における生命保険販売チャネルについて

開発経済

弊財団は、生命保険は社会・経済発展を支える重要な社会インフラの一つであると考えています。
国の発展を考えるにあたって、個人の生活保障をどのように位置づけていくかは、重要な政策だと考えます。

テーマ例

  • 社会インフラとしての生命保険の役割
  • 資本市場の発展と生命保険
  • 貧富の拡大と生命保険の役割
  • 開発途上国における生命保険意識の普及について
  • 国の経済発展と生命保険
  • マイクロインシュアランスの現状と今後の課題

人口問題

人口増加、人口減少、それぞれの国に置いて状況は異なりますが、国の発展や将来ビジョン、個人の生活とも人口動向は、とても密接な関係があります。社会保障とも密接に関係しますが、例えば、爆発的な人口増にどのように対応するか、少子高齢化にどのように対応するかにおいても生命保険の果たす役割は期待されています。
また、生命保険を設計する上で不可欠な生命表の研究などもいいと思います。

テーマ例

  • 人口減少時代と生命保険の課題と将来
  • 少子化と生命保険
  • 高齢社会における生命保険の役割

金融政策

生命保険には、長期資金の担い手(供給者)として、国民の生活保障や財産形成に果たす役割を期待されています。金融政策がどのように行われるかと、国民の財産形成は密接にかかわります。生命保険会社の資産運用が、経済発展に与える役割、国外市場への投資の在り方、リスク管理、世界的な生命保険会社規制との整合性等も課題だと思います。

テーマ例

  • 自国における生命保険商品と資産運用の在り方
  • 超低金利下における生命保険業の将来の有り方

IT

もはやIT技術と金融は一体です。商品開発、資産運用、販売管理、契約管理などあらゆる場面でのシステム開発やネットワーク開発が常時行われています。

テーマ例

  • これからのインシュアテック
  • ビッグデータの活用と生命保険
  • ITネットワークの発展と生命保険営業の将来

予防医学

予防医学の視点も大切、成人病予防や国民病の発生率低減キャンペーン等による保険収益の改善なども視点かと思います。

テーマ例

  • 医療技術の発達と生命保険

家計と生命保険

家計も、企業や国・地方自治体と並ぶ、重要な経済単位です。それぞれの国の家計の特色を考えた上で、家計におけるリスク管理や資産運用手段としての生命保険や年金の役割などをテーマにするのもいいと思います。

テーマ例

  • 家計における生命保険の役割
  • 生活設計の変化と生命保険

グローバリゼーション

テーマ例

  • 地政学リスクと生命保険会社のグローバル化
  • グローバリゼーションと生命保険業
  • 生命保険業における海外進出

保険について、その他

テーマ例

  • 生命保険におけるリスクとは
  • 自国にとって必要な生命保険とは
  • モラルリスクについて
  • CSRと生命保険会社
  • 生命保険会社における健康経営取り組み
  • SDGsに対する生命保険の貢献
  • ESGと生命保険の関連
  • 自国における生命保険の意義(役割)
  • 自国生命保険への期待
  • 自国生命保険に対する世間の見方
  • 現代社会における生命保険の役割
  • 生命保険をめぐる家族の体験
  • 生命保険の実証研究