人と生き物が共存するため

今、日本の至るところでイノシシシカといった害獣と呼ばれている野生の獣たちに農業被害自然破壊という悲惨な事件が起きています。

害獣による農業被害額は日本全国で約200億円

そんな事件は人口集中、人口減少、限界集落、高齢化、様々な社会課題が重なり、発生しています。

増えすぎた野生動物をただ一方的に減らすのではなく、共生できる環境を作り出す存在が遥か昔からします。

それが猟師(ハンター)です。

しかし、その猟師(ハンター)も高齢化が進み、平均年齢が高齢者になりつつあります。

一緒に守りませんか?

日本の農業を。美しい自然を。

ライフスタイル(LIFE STYLE)のサポート

ライフスタイルは若手狩猟者のグループを作ります。
月に一回集まり、勉強会や罠の現状共有や狩猟や猟師について知識を深める仲間たち。さながらギルドの様に。
若手狩猟者グループは自ら勉強するのは勿論ですが、
現役の猟師さん達からも知識や経験といったノウハウもいただきます。
早く一人前の猟師になるための道のりは長いです。
しかし、みんなで高め合いながら、先輩猟師さんたちの教えを受けながら一歩ずつ前進します。
新規狩猟者発掘やジビエ、狩猟文化を広める為のイベントも企画します。
百聞は一見にしかず。
自らの体験や先輩猟師さんたちのお話を聞けたり、時には美味しいジビエを食べながら少しでも多くの人達に、日本が抱える社会課題を知ってもらいたい。
新規狩猟者発掘やジビエ、狩猟文化を広める為のイベントも企画します。
百聞は一見にしかず。
自らの体験や先輩猟師さんたちのお話を聞けたり、時には美味しいジビエを食べながら少しでも多くの人達に、日本が抱える社会課題を知ってもらいたい。

狩猟体験
レポート集

ライフスタイルが企画したツアーに参加してくださった方々のレポートを掲載してきます。

レポート① 千代泰平

こんなアウトドアな人は
猟師という職業は必見です!

profile

須貝友貴
平成3年2月23日(26歳)
新潟県出身

新潟から大学進学で金沢に住み、大学生活中に学都金沢の魅力に引き込まれる。
大学卒業後、新潟には帰らずに金沢のまちづくりに関わりながら暮らすことを決意し、企業。
農業に昔から興味を持っており、大学卒業後、金沢の山際の温泉街「湯涌」に移住。
農業をしている中、猪や猿などの農業被害を目の当たりにし、猟師を目指す。
米や猪肉の卸業や清掃業を生業としながら、行く行くはお米農家としての夢も抱きながらチャレンジ中。
現在、若手猟師のグループを作ることに目下奮闘中。

contact

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

LIFE STYLE(個人事業)

〒920-1127
石川県金沢市下谷町チ56番地
代表 須貝友貴
mail: sugai.sss.3893@gmail.com