地域にヒトモノカネを呼び込め!
儲かるインバウンドIT活用術

-ECカフェ伊万里-

日時:2019年2月17日(日)13:00-15:00(開場12:30)
場所:PORTO3316 imari

参加費
無料!

インバウンド=訪日観光というイメージがありますが、本来インバウンドというのはヒト・モノ・カネ・情報を「ソト」から地域へ呼び込むことを指します。
訪日観光もそうですし、企業誘致や移住・定住プロモーション、対日投資、越境ECもインバウンドです。
人口減少社会に突入するなかで地域が生き残る道は「インバウンド」。
域外の人へ情報を届けて、かつ地域とつなげるにはITの活用は不可欠です。また、インバウンドでの成功は一社ではできません。

今回のテーマは「情報発信と海外ネット販売」を中心に、
SNSをはじめとしたITツールを活用してお客様に知っていただくためにはどうしたらいいのか、事例を交えつつみなさまと一緒に考えます。

このような方におすすめです!

  • ネットショップを活用して海外へ販路を開拓したい
  • インバウンドビジネスの今について知りたい
  • 伊万里にいながら世界へ情報発信をするときのコツについて知りたい
  • 稼ぐ地域へ変革を遂げるために必要なインバウンドビジネス、海外ネット通販の基礎について知りたい
  • 伊万里にいながら世界へ情報発信をするときのコツについて知りたい

プログラム

13:00-13:50
伊万里から世界へ、ネットを活用して世界とビジネスをする方法

講師:
森戸裕一
中小機構販路開拓支援アドバイザー

14:00-15:00
「地方が世界と繋がる」インバウンド観光と世界への情報発信。

講師:
後藤 玄利 氏
Kotozna株式会社代表取締役
一般社団法人TagFIT代表理事

講師紹介

後藤 玄利 氏

Kotozna株式会社代表取締役
一般社団法人TagFIT代表理事

企業経営者・アントレプレナー。
アクセンチュアで5年間、戦略コンサルタントとして従事した後、1994年株式会社ヘルシーネット(後のケンコーコム株式会社)設立。
20年にわたり代表を務め、2004年には東証マザーズ上場に導く。医薬品ネット販売をめぐって国を提訴し、2013年に最高裁で勝訴。
NPO法人日本オンラインドラッグ協会理事長、World Economic Forumメンバー、厚生労働省および経済産業省での検討会メンバー等を歴任。
2016年よりKotozna株式会社(旧ジャクール株式会社)代表取締役、一般社団法人TagFIT代表理事。
東京大学教養学部基礎科学科第一卒業、シンガポール国立大学リークワンユースクール公共マネジメント学科修了。

森戸 裕一

中小機構販路開拓支援アドバイザー
一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会 代表理事
九州シェアリングエコノミー推進協会 代表
内閣官房シェアリングエコノミー伝道師

次世代人材育成支援として、2003年よりNPO法人学生ネットワークWANの活動を開始。全国の企業経営指導、地方創生支援などの経験から大学では地方創生などのゼミを担当する。総務省地域情報化支援アドバイザー、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師、サイバー大学専任教授、名古屋大学客員教授、ナレッジネットワーク株式会社代表取締役、PORTO株式会社代表取締役。

セミナー概要

日程 2019年2月17日(日)13:00-15:00(開場12:30)
料金 無料
開催場所

PORTO3316 imari

(佐賀県伊万里市伊万里町甲358 伊萬里まちなか一番館2階)

主催

独立行政法人中小企業基盤整備機構

共催

一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会

後援

佐賀県産業スマート化センター

主催

独立行政法人中小企業基盤整備機構

お申込み

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
お問い合わせ先
一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会
運営事務局
info@biz-solution.org