【期間限定】
先着5名様まで!
今のライフスタイルに不安はないですか?

あなたも自分らしい働き方が選べます!


ママパティシエの皆さん、こんなお悩みありませんか?

☑子育てとの両立の仕方がわからない


☑個人情報や企業情報等の取り扱い、契約の仕方等がわからない

☑個人で製造委託を受けていて、大量発注が来た時は作れないので断っている

☑お教室業だけでは収入が不安定・ムラがある

☑好きな仕事をしているけれど、家事と育児で自分の時間がない
  

そのお悩み
「企画力」で解決できます!


パティシエの仕事と子育てを
ムリなく両立できる秘密


はじめまして。
スイーツプロデューサーの若狭 薫(わかさ かおる)と申します。

小学生の女の子を育てながら、企画パティシエとして主に企業さまとお仕事をしています。


独立して15年目になりましたが、いろんなことがありました。

36歳で出産、40歳で母の介護、主人が白血病で2度の入院、私自身も交通事故に遭って入院するなど…


そんな中でも、パティシエの仕事を続けながら大好きな娘との時間もとれるのは、私が数少ない「企画力」を身につけたパティシエだからです。

なぜ「企画力」が大切なの?


企業とのお仕事には「企画書」や「ブランディング」が伴います。

それはまるで、個人のケーキ屋さんで「オーダーメイドケーキ」の発注を受けるようなもの。


その企業の強みが何で、どんな材料・こだわりがあって、どんなお客様をターゲットにしていて、いくらぐらいの売上を出せば【みんな】が喜ぶのか?


データを読み解いて、お客さまの課題を解決できる方法を見つけ、お菓子を創造する。これを「商品企画」といいます。


この「商品企画」を行うためのチカラが「企画力」。


「企画力」を身につけると企業ともお取引きができ、おうちでパティシエの経験を活かしながら収入を得られるようになるんです!

「商品企画」ができる
パティシエは稀少


しかし、お菓子業界では「商品企画」ができる人はほとんどいません。

洋菓子店やホテルでは「商品開発」は学ぶかもしれませんが、「商品企画」は学びませんよね。


「商品企画」を学んでいるのは、化粧品業界など大きなメーカーさんにいる皆さん、大卒の総合職の方々。

専門学校を出たパティシエという、専門職とは相いれない分野なのです。



じゃあなぜ、パティシエの私がその「商品企画」を教えられるのか。

なぜ、企業が「商品企画」ができるパティシエをほしい!と思うのか。

なぜ、「おうちで企画パティシエ」ができるのか。


その秘密をこっそり個別相談会でお伝えいたします♪

個別相談を受けた人の声

なりたいパティシエ像を明確にできました!

元々はパティシエとしてパティスリーで働いていましたが、実家の農業を継ぐことになり現場を引退。それでも、パティシエの経験がなにか農業に活かせないかと考えていました。

そんな時に出会ったのが若狭さん。穏やかな方ですが軸があり、僕の話をしっかりと聞いた上で、分かりやすく言葉にしてくださるので安心感がありました。

おかげさまで、自分のパティシエとしての強みを知り、なりたいパティシエ像を明確にしていけました。

また、若狭さんからはブランディング以外でも学べることがたくさんあります。
一緒に仕事をしていきたいと思える魅力があるので、おいていかれないように頑張ります!

農家パティシエ 下村直輝

どう動けばいいのか迷っている人におすすめ!

出産を期に現場を引退。それでも製菓の仕事は好きだったので、なにか経験を活かせることはないかと考えていました。

そんな時に知人から若狭さんをご紹介いただき、個別面談を受けることに。第一印象は、人懐っこく誰とでも楽しく話せる人。でも、いろんな事を知っていて、勉強になることがたくさんありました。

幼少期からなにげなくしていた行動や考えが役に立っていることや、長所、短所を書き出すことによって苦手な部分も長所に変えていけることなど、ハッとする気づきがありました。

短所は悪いものとばかり思っていたのですが、少し見直すことで上手に活かせそうだと感じています。

これからどう動けばいいか迷っている人は、ぜひ若狭さんとお話しされてみてください!きっと、あなたらしい働きかたが見つかるはずです!

ママパティシエ 山田真澄

主宰者プロフィール

スイーツプロデューサー
若狭 薫
和菓子・洋菓子専門士、雑貨コーディネター、
ラッピングコーディネーター資格保持者。
15年の商品企画経験を持ち、2009年に個人事業にて「SweetsConcept」を起業。
2021年、3年温めた新規事業「MamaPatissierDirector'sLabo」を立ち上げる。
プライベートでは個性的な娘を育てる一児の母。

主な実績


  • 洋菓子のヒロタでは、商品企画マネージャーとして3年間従事。民事再生終結の一助となる。
  • 外食チェーン「コロワイド」にて、池袋の一等地のケーキバイキングをプロデュース。話題になる。
  • 和菓子メーカー「丸京製菓」にて、関東直営店舗5店舗の企画マネージメントを任され、10名以上の社員・アルバイトの教育を行う。3年後、社員全員が企画が立てられるようになり自立運営に移行した。

個別相談会を受けた
あなたは…

  • ご自身の強み・弱み・悩みが明確になります!
    今の事業を続けていっても、ライフスタイルに合わせて継続できるか一緒に考えます。その上で、ベストな働き方が何かをお伝えしております。
  • ブランディングや開発で、どんなことを大事にするのかがわかります。

    通常の開発では、企業に言われたレシピで試作をしていく事であったり、テーマだけ聞かされてこちらで考えたり、という事が多いです。
    MamaPatissierDirector'sLaboでは独自の開発チャートを用いて、開発のスピードアップを図っていますので、そのヒミツをちょっとだけお伝えしています。
  • 「商品企画って何するの?」がわかります。

    世の中に漠然とした「企画」と表現されている言葉の意味が分かります。

    特に、MamaPatissierDirector'sLaboでは企画を学ぶ事によって、ご自身にどんなメリットがあるのかをお伝えしています。
  • ブランディングや開発で、どんなことを大事にするのかがわかります。

    通常の開発では、企業に言われたレシピで試作をしていく事であったり、テーマだけ聞かされてこちらで考えたり、という事が多いです。
    MamaPatissierDirector'sLaboでは独自の開発チャートを用いて、開発のスピードアップを図っていますので、そのヒミツをちょっとだけお伝えしています。
無料個別相談
お申し込みフォーム
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
     申し込む     

※プライバシーポリシーに同意いただいた上、送信して下さい。
※無料個別相談は先着5名様までとさせていただいております。定員に達したタイミングで予告なく受付を締め切らせていただきます。あらかじめご了承ください。

よくあるご質問

  • Q
    地方在住なのですが、個別相談会は受けられますか?
    A
    個別相談会はZoomを利用してオンラインで実施いたしますので、インターネットが繋がる環境であればどこにいてもお受けいただけます。
  • Q
    専門学校などに通った事はないのですが、相談会を申し込んでもいいですか?
    A
    必ずしも、専門学校卒でなければいけない業界ではありません。やる気があれば、どなたでもご相談をお受けしております!
  • Q
    専門学校などに通った事はないのですが、相談会を申し込んでもいいですか?
    A
    必ずしも、専門学校卒でなければいけない業界ではありません。やる気があれば、どなたでもご相談をお受けしております!