変革する
医療とヒーリングの世界

アルケミスト・ヒーリングフェスティバル2018特別記念講演会
ヒーラー高江洲先生と、西洋医療とヒーリングを統合させた現役医師二人が新しい時代の医療とヒーリングについて熱く語り合います!

ヒーリングセンター代表/ヒーラー・透視能力者
アニマルコミュニケーター・獣医師

高江洲先生メッセージ

今や医療の世界は大きく変わりつつあります。


私は以前から、身体の一つ一つの細胞に意識があり互いにコミュニケーションしているとメッセージを受け取っていましたが、最新医療の研究でも、身体の組織同士が伝達物質を使って、互いに意志を伝え合い、協力し合っているという報告がなされています。

身体の組織、一つ一つが意識を持ち、そして、互いに連絡し合っているという事実は、今後の医療の発展に寄与することは間違いありません。

私が提唱するヒーリングの世界は、まさしく互いの協力のもとに、ヒーラーとヒーリングを受ける者は、対等でお互いが理解することだと考えています。

さらには病を持つ方が抱える問題は、単純に身体と心の問題だけではなく、根本的な魂の世界にも関わっているということを医療関係者をはじめ、癒しに関わる者たちが理解することが何よりも必要だと考えています。

今回ゲストにお招きした現役の医師お二人は、アルケミストのヒーリングカレッジを卒業し、西洋医学とヒーリングの世界を見事に統合させ、実際の医療の現場で多くの患者さんから感謝され喜ばれています。

本講演会では、お二人から医療現場における最新情報をお聞きし、共に医療と癒しの世界の未来について話し合って行こうと思います。

講演者紹介

高江洲薫 
ヒーラー・透視能力者・獣医師・アニマルコミュニケーター
ヒーリングセンターアルケミスト代表

プロフィール
1998年にインドの聖地へ向かう機上で高次の存在よりメッセージを受ける。以来、透視能力者として3,000名以上の過去世をリーディングする。2000年にヒーリングセンターアルケミストを立ち上げて以来、人や動物の人生を時空を超えて解き明かして癒し、メッセージを伝え続けている。モットーは「すべての生命が光りに満たされること」。講演会やヒーラー・アニマルコミュニケーターを養成するカレッジを主催し、精力的に後進の指導にもあたっている。主な著書に「過去世リーディング」(VOICE)、「Dr.高江洲のアニマルコミュニケーション」(ビオマガジン)、「犬の気持ちがもっとわかる本」(二見書房)などがある。

森嶌淳友先生 ラ・ヴィータメディカルクリニック代表

私は体だけではなく、心、エネルギーにも関わるバランスのとれた様々な治療方法を提案しています。患者に『気づき』を与えることで、病気という固定概念に変化をもたらし、そこで初めて、人は治癒という方向に向かいます。そのことをサポートするのが私たち医療者の役目です。そのためには根本的な治療を提供し、治療手段としての西洋医学だけではなく、他の治療方法も提供すべきであり、まさに統合医療が必要なのです。

矢永茄津先生 医療法人矢永クリニック理事長

私は若い頃から物質肉体にフォーカスした外科系の医師でした。現在は手術よりも麻酔を行うことが主体となってきましたが、なぜ私がヒーリングを学び、実践するようになったのか、形成外科という領域、とくに乳癌術後の乳房・乳頭乳輪再建手術、再生医療を紹介しながら、手術室を中心にAlchemist で学んだヒーリングを実践し、体験することができたことなどを中心にお話しいたします。
特別記念講演会 概要
日 時 2月3日(土)16:30~19:30 (会場16:30)
料 金 一般 3000円  会員2000円
会 場

糀ホール (COZY HALL)
神奈川県川崎市高津区溝口3-11-15

料 金 一般 3000円  会員2000円
お申込みフォームからのお申込みはこちらから!

お電話によるお申込み・お問合せ

044-850-2231

月・火・金・土 10:00~19:00