美肌に良い「スパトリートメント」とは

毎日朝と夜に肌のお手入れを欠かさない人は多いですが、その効果を実感できているでしょうか。ここでは美肌を目指したい時に頼りになるスパトリートメントについて解説します。

スキンケアに満足している人は少ない

・美白用化粧品でもシミが消えない

美白用化粧品はシミやそばかすなどを改善するためのアイテムですが、ドラッグストアなどで購入し継続して使っていても、あまり薄くなっていかないと感じている人は少なくありません。それは、個人の肌に適した量の美白成分が含まれていないことや、そもそも美白化粧品では改善できないことが原因かもしれないためです。

・肌に化粧品が合わない

乾燥肌、脂性肌、混合肌など肌のタイプに合ったアイテムでスキンケアすることが望ましいですが、自分の肌タイプに合わない化粧品を使っていると症状の悪化する可能性があります。また顔の中でも部分によって乾燥肌であったり脂性肌であったりするため、全体を同じスキンケア化粧品でケアしていると「合わない」と感じかもしれません。

・エイジングサインが進行してくる

スキンケアは欠かさず行っているにも関わらず、シワが増えた・シミが濃くなった・たるみが気になるなどエイジングサインが徐々に表れてくることも少なくありません。これは年齢に合ったスキンケア化粧品に切り替えることが必要で、肌の状態を把握した上で適したアイテムを使うことがポイントです。

スパトリートメントはエステ向けの化粧品

・全国のエステサロンスタッフから支持される

スパトリートメントの化粧品は、手軽にスキンケアアイテムを購入できるドラッグストアやコンビニなどには置かず、エステサロン限定で販売されています。そしてスパトリートメントを扱うエステサロンからは強い支持を受けていることから、質の高いスキンケアを期待できる化粧品ブランドと言えます。

・効果を目的とした商品設計

エステサロンは一度の施術で変化を求められることから、スパトリートメントも同じことを目指して商品づくりをしています。そのため、今まで使っていたスキンケア化粧品ではあまり変化を感じられなかった人も、うれしい変化を実感できることが多いのです。

スパトリートメントの成分と技術

・目的や成分に合わせた製法

スパトリートメントがスキンケアの目的や成分に合った製法をしている理由は、肌に届いた時最も美容成分が良い状態になることを目指しているからです。そして成分ごとに水溶性か脂溶性か、紫外線に強いか、分子の大きさなどは全く違うため、同じ製法をしていてはせっかくの美容効果を発揮できなくなってしまいます。そのためスパトリートメントでは、成分が肌に入りやすいよう肌なじみの良い成分と美容成分を重ねてカプセル状にしています。またヒアルロン酸を針状にしてシートに並べ、肌に貼ることで角質層の奥への浸透を目指しているのです。

・こだわりの美容成分と原料

例えばプラセンタのように既に美容界でも有名な美容成分から、HASというヒト由来幹細胞やβグルカン、アスコルビン酸、レスベラトロールなど数多くの美容効果を期待できる成分がスパトリートメントには含まれています。それから化粧水などのベースとなる水にもこだわり、ミネラル豊富なアルプス氷河水やさびにくいアルカリ電解イオン水を使っているのです。

愛用者の声

・良く伸びるまつげ美容液

まつげパーマを定期的にかけるのでケアのためにまつげ美容液を使っており、口コミがとても良かったのでスパトリートメントのまつげ美容液をつけてみました。すると思った以上にまつげが成長して、全体的に長くなったように感じます。知人からはつけまつげだと思われる位の変化に喜んでいます。

・適度に取れるピーリングジェル

今までのピーリング剤は取れすぎて肌荒れになることもあったけれど、スパトリートメントのピーリングジェルは適度に取れるので肌に優しく乾燥することもありませんでした。おかげで定期的に使えるので、くすみや角質ケアができています。それに良く伸びるから1回が少量で済み、コスパが良いこともメリットです。

・保湿力の高いホワイトニングクリーム

日焼けのケアにとエステで勧められたことがきっかけで使い始めましたが、肌のトーンアップだけでなく乾燥対策にもなることはうれしいです。でもさっぱりとしたつけ心地なのでベタベタすすぎず程よく潤いました。

まとめ

スパトリートメントの化粧品ラインナップは、効果が出ることを目的につくられているため今まで変化があまりなかった人でも改善を期待できるでしょう。それに公式サイトでは肌質別や悩み別で適したスキンケア化粧品を見つけ出してくれるチャートもあるため、参考にするとぴったりのアイテムが見つかるでしょう。もし今のスキンケアに満足できていない場合は、エステサロンでも使われていて愛用者の多いスパトリートメントに切り替えてはいかがでしょうか。