整体師

【ペライチと整体師】ペライチをフル活用してる整体師さんの活用方法を再現してみた

こんにちは、ペライチ編集部の長富です。

この記事では前回に引き続き、「ペライチと整体師」について特集していきます。

前回のインタビュー記事をまだ読んでないと言う方は、先にそちらを読んでからこの記事をみることをお勧めします。

【ペライチと整体師】泰楽整体院 藤田様のインタビューこんにちは、ペライチ編集部の長富です。 今回は、兵庫県で整体院を営んでおられ、ペライチ認定サポーターでもある泰楽(やすらぐ)整体院...

藤田様のインタビューで話題に上がった点について、「じゃあ具体的にどうするの?」 ということがわかるような構成になっています。

症状別のページを作ってSEO対策

ペライチを使って自分の整体院のページを作るとき、藤田さまは1ページだけ作るのではなく、症状別にそれぞれ1ページずつ作っているとのお話でした。

早速それを再現してみたいのですが、その前にまず基礎的なSEOをおさらいしていきます。

SEOの基礎知識

この記事を読んでいるあなたは、そもそもSEOという言葉を聞いたことがありますか?

想像ですが、多くの方は

「聞いたことはあるけど、具体的にはどうするのかよくわからない」

といった方がほとんどではないでしょうか?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、日本語では検索エンジン最適化と訳されます。

言葉で説明するより見た方がわかりやすいので、画像を貼ります。

弊社が運営しているオウンドメディア「ホームページ大学」のこちらの記事は、「池袋 wifi カフェ」というキーワードで1位に表示されています。(※ 2019年6月25日現在)

SEOとは、ざっくり言うとこのように検索結果で1位に表示される為の取り組みです。

順位が上がるとどうなる?

順位が上がれば当然、クリック数が増え、その分だけページに訪れる人が増えます。

Internet Marketing Ninjas社が2017年に出したレポートによると、1位のクリック率は約21%、20位で約1%と、かなり差があることがわかります。

一般的なSEO対策の流れ

SEO対策は、基本的に以下のような流れで実施していきます。

  1. どんなキーワードで上位表示させたいか決める
  2. ページを作る
  3. ①で決めたキーワードで上位表示させる為の工夫をする

どうやってキーワードを選ぶか?

SEOにおいて、①のキーワード選びは非常に重要です。

せっかくあるキーワードで上位表示しても、そのキーワードがコンバージョン(成約)から遠かったら、せっかく割いた労力が無駄になってしまうかもしれません。

例えば、あなたが東京で富裕層向けにオーダメイドスーツの販売をすると仮定します。

その時作った販売用のページが「メンズ 就活 スーツ」というキーワードで上位に表示されたとします。

そのキーワードを検索してきたユーザーは、あなたの販売しているオーダメイドスーツを購入するでしょうか?

・・・

・・・・

・・・・・

おそらく、ほとんどのユーザーは購入しないと想像できますよね。

検索意図(検索する人のニーズ)が重要

「メンズ 就活 スーツ」というキーワードで検索するユーザーは、

  • リクルートスーツを買おうと思っている
  • 就活ではどんなリクルートスーツを着れば良いか知りたい

というようなニーズを抱えている男子大学生だと想像できるので、あなたの想定している顧客層とは離れていそうです。

 

逆に、「オーダーメイド スーツ 20万 東京」のようなキーワードはコンバージョンに近いと言えます。

このユーザーは、

  • 20万円前後でオーダーメイドスーツを買える、東京にあるお店を探している

というニーズを持っていることが想像できるので、あなたのお店にぴったりな見込み客と言えます。

 

少し極端になってしまいましたが、この例のように想定している見込み客はどんなニーズを持っているか?ということは、キーワード選びにおいて非常に大事な考え方です。

前提が長くなりましたが、本題

前提知識の説明が長くなってしまいましたが、本題に入っていきましょう。

この会話の部分ですね。

今回は、

  • 島根県松江市で整体院を営んでいる
  • 今までに肩こりや腰痛などに悩まされていた方を改善させた実績がある

という仮定で藤田さんのお話を再現してみます。

※ ちなみに、島根県松江市はわたくし長富の地元です(笑)

作るページは全部で3ページ

とりあえず、今回は以下の3つのページを作ることにします。

  1. 整体院の総合案内ページ
  2. 肩こりに悩んでいる方向けのページ
  3. 腰痛に悩んでいる方向けのページ

3つのページを全てオリジナルの内容で作るのは大変なので、まずは①の総合案内ページを作った後、共通で使い回す要素と、固有の要素を分けると効率的です。

それぞれのページを作る

上記3つのページをそれぞれ作ります。

ただしこの記事では、ページを作る部分は割愛して重要なポイントだけを解説します。

ページのタイトルと説明文に狙いたいキーワードを入れる

  • 島根県松江市で整体院を営んでいる
  • 今までに肩こりや腰痛などに悩まされていた方を改善させた実績がある

という想定なので、

「松江市 整体 肩こり」や、

「松江市 整体 腰痛」というキーワードでの上位表示を狙うことにします。

編集画面の左サイドバーにある、ページ情報編集をクリックします。

そうするとこのような画面になるので、

ページ名と説明文をそれぞれ入力します。

この時、上位表示を狙いたいキーワードを含んだ言葉にするのが重要になります。

例えば、タイトルだったら

「【島根県松江市】肩こりの改善で評判|松江駅徒歩3分のペライチ整体院」

これであれば、「松江市」「肩こり」「整体」というキーワードを含んでいます。

このような形で、ページにタイトルをつけていきます。

Google Search Consoleとペライチを連携する

ページを作って、タイトルもつけ終わっても、まだこれでOKではありません。

ページを公開したらすぐにGoogleの検索結果に表示される訳ではなく、若干のタイムラグがあります。

自然に検索結果に出てくるのを待っても良いですが、できればすぐに反映させたいと思うので、そういう時はGoogle Search Consoleというツールを使いましょう。

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

Search Consoleを利用するにはGoogleアカウントが必要です。

初めてアクセスするとこのような画面になります。(2019年6月26日現在)

この部分にペライチで作ったページのURLを入力して続行をクリックします。

この部分がページのURLです

そうすると、このような画面が表示されます。

その他の確認方法からHTMLタグを選択し、表示されているコードの、

content=”xxxxxxxxxxx” の xxxxxxxxxxx部分をコピーします。

ペライチの編集画面にいき、ページ情報編集から、Analytics / Search Consoleを選択し、Search Consoleの入力欄に先ほどコピーした文字列を貼り付けます。

保存されたことが確認できたら、もう一度Search Consoleの画面に戻り、確認ボタンを押します。

これでペライチとSearch Consoleの連携は完了です!

Search Consoleでインデックスのリクエストを送る

連携したらGoogleにインデックスのリクエストを送ります。

ページ上部の虫眼鏡の入力欄にページのURLを入力します。

この時の注意点は、必ず末尾に / を入れることです。

https://peraichi.com/landing_pages/view/4wz6m

というURLであれば、

https://peraichi.com/landing_pages/view/4wz6m/

と入力します。

「インデックス登録をリクエスト」をクリックしたら、これで完了です!

後日きちんとインデックスされているか確認して、適宜ページの改善などを行ってみてくださいね。

line@を使って情報発信

次にline@について解説していきます。


この部分です。

皆さんはLINE@をご存知ですか?

おそらく、LINEはスマホを持っている方のほとんどが使っているアプリだと思います。

それに対して、LINE@はビジネス用のアプリということもあり、同じ会社の提供しているアプリといえ、知らない方も多いのではないでしょうか?

LINE@とは?

LINE@とは、

スマートフォンアプリやPC版管理画面からメッセージを作成し、アカウントと友だちになっているお客さまやファンに一斉配信することができます。

クーポンやアンケートなどの機能を使うことで、メッセージ以外のコンテンツを配信することもできます。

公式サイトより引用:https://at.line.me/jp/

というサービスになります。

すごく乱暴な言い方をですが、メルマガのLINE版のようなイメージをするとわかりやすいかもしれません。

ちなみに、LINE@は2019年4月18日から、「LINE公式アカウント」とサービス統合を実施されたそうです。

サービス統合のプレスリリース
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/2677

どんな内容の配信をすべきか?

LINE@の配信は、ただお店に来てくださいというだけでは誰も来てくれません。

むしろ、宣伝しすぎることで、せっかく登録してくれているユーザーが離れかねません。

LINEという特性上、メルマガよりも広告っぽさをなくして、登録者にとって有益な情報を配信することが重要です。

インタビューの際に藤田様も仰っていたように、例えば整体院であれば、健康に関わる情報を配信することが良いでしょう。

  • 熱中症対策の為にした方がいいこと
  • 姿勢が悪いまま仕事をしていると、こんなデメリットがある
  • 腰痛を予防する習慣

大事なポイントは、あなたの想定している見込み客は、どんなことに興味・関心を持っているのか?ということを常に考えて、定期的に配信することです。

とはいっても、最初から100点満点の内容で配信することは誰でも難しいので、まずは週に1回だけ、継続して配信してみてください。

ある程度数をこなしていけば、慣れて効率的に配信できるようになり、どんな内容だとお客様の反応が良いのか、などのデータも溜まってきます。

そうやって細かいトライ&エラーを繰り返していくことが一番大切なんじゃないかと思います。

おわりに

今回の記事では、ペライチを使ったSEO対策と、LINE@(LINE公式アカウント)について解説しました。

直前のセクションでも書きましたが、こういったマーケティングは重要だけど難しいものです。でも、継続すればいつか慣れてくるものなので、焦らずひとつひとつ進めていってみてくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

たったの3ステップでホームページを公開!
ペライチ ロゴ

ホームページ作成ツールのペライチは、用意されたテンプレートから選び、ガイドに従うだけで初心者でもかんたんにあなたのホームページが作れます。

HTMLやCSSなどの専門知識やサーバーは一切不要です。あなたも自分だけのホームページを作ってみませんか?